見出し画像

Old but Gold - 岡山の『Place list(プレイスリスト)』を公開!

岡山市内の店主 / 店舗スタッフの「お店を表す楽曲」を元に作成した『Place list(プレイスリスト)』が公開されました!

💡何故、店主 / 店舗スタッフが選んだ音楽でお店を紹介するのか。

それぞれのお店には、時間をかけて蓄積された文化・物語があります。その魅力を表現するには「喫茶店 おしゃれ 隠れ家」といったキーワードや、レビューやランキングといった定量的な指標だけでは難しく、より感性的な特徴を表現する場所のパラメーターが必要ではないかと考えました。

そのパラメーターの1つに音楽があります。例えば、「店長が好きな音楽」や「お店でよく流す音楽」は、そのお店の雰囲気を、わかりやすく表していると思いませんか?

プレイスリストの作成に興味を持ってくださった22店舗から、お店を「お店を表す楽曲」を1曲選んでいただき、その曲を選んだ理由を教えてもらいました。そして、その音楽の特徴を元に「Pefect Future」「Old but gold」「Midnight Stroll」の3つのプレイスリストを作成致しました。岡山市の店舗はのカルチャーの厚みが感じられるようなリストになっていると思いますので、是非ご覧くださいませ。

良いものは古くなっても色あせず、輝き続ける。プレイスリスト『Old but Gold』では、各音楽シーンをけん引してきたレジェンド - 先駆者的存在の音楽を選択してくれた店舗を紹介します。

📍 ファヴォニウスの風 (喫茶店)
選曲 : Pat Metheny Group - Last Train Home

本格的なコーヒーにこだわった喫茶店。一昔前、長距移動には夜行列車を利用していたという店主がセレクトしたのはPat Metheny Groupの「Last Train Home」。この曲について店主は「不安と希望を抱いて、新しい世界に飛び込んでゆく―そんな心模様をリズムで表し、夜明けの地平線へ駆け抜けて行くような、Pat Methenyの世界観が広がる曲です」と語る。朝を迎えたときに珈琲が飲みたくなるような楽曲。
📍 映画の冒険シネマ・コレクターズ・ショップ (カルチャー, ショッピング)
選曲 : 松田優作 - 横浜ホンキートンク・ブルース

松田優作とブルース・リー関連アイテムを中心に1996年に開業した映画グッズ専門店。ポスター、パンフレット、書籍、ビデオからサウンドトラックCDまであらゆる映画のグッズが立ち並ぶ。この店が選ぶ1曲は、俳優の藤竜也が作詞、エディ藩が作曲し、松田優作が歌う「横浜ホンキートンク・ブルース」。俳優の原田芳雄も好んでこの楽曲を歌っていたという。松田優作と原田芳雄の命日には、1日中この曲が店内のBGMとなる。
📍グリーンハウス 岡山店 (レコードショップ)
選曲 : 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド - はらいそ

ジャンル、新旧問わず幅広い音楽を取り扱うCD・レコードショップ。そのアーティストの楽曲の背景や影響下にある無数の音楽が店内に存在し、気になればできるだけすぐ次にたどり着ける品揃えを目指している。あらゆる角度から隅々まで音楽に触れることができる「グリーンハウス」の1曲は、細野晴臣&イエロー・マジック・バンドの「はらいそ」。この楽曲について店主は「2秒で次の曲へクリックしちゃう画面上の音楽より、できれば共演者やプロデューサーやジャケットを隈なくゆっくり確認しながらレコードで聴きたい一曲」と語る。

『Old but Gold』プレイスリストは、PlacyのiOSアプリから他の5店舗をご紹介しています。是非ご覧になってください。

また、Placyへの「店舗を表す楽曲」は随時募集しておりますので、ご興味ある店舗様は是非登録してみてください!

💡Placyの店舗登録、楽曲登録の方法はこちら(リンク

画像1

PlacyのPlace list(プレイスリスト)なら、音楽を入口に、こんな風にお店やまちの魅力と出会えるようになります(サンプル動画)
ご相談・お問い合わせ先
岡山市都市整備局庭園都市推進課 街なかにぎわい推進室
E-mail:teientoshi@city.okayama.lg.jp


3
歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。音楽で街に出会う『岡山音度感』プロジェクトをはじめ、個性的なスモールエリアの魅力を発信します。