マチナカノススメ 愉しみつくる岡山の暮らしかた

歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。岡山市中心…

マチナカノススメ 愉しみつくる岡山の暮らしかた

歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。岡山市中心部(まちなか)の個性豊かなスモールエリアの魅力を、まちを愛する人たちへのインタビュー等を通じて発信します。

マガジン

最近の記事

マチナカノススメ公開インタビュー vol.5 テーマは「岡山は文学のまちなの? 」

「マチナカノススメ」は2020年からスタートした、歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。 個性豊かなマチナカの魅力をまちを愛する人たちへのインタビュー等を通じて発信しています。 今年度は、マチナカを楽しんで活動している人たちに「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビューしながらフカボリする、 夜のトークイベントを開催します! 日時:2024年1月19日(金) 18:30〜21:00(受付:18:00〜) 会場:TERRA SQ

    • 西川のほとりで愛され続ける「満月BAR」は夜の居場所に。キャスト経験者が語る「学生時代にまちに関わる魅力」とは

      マチナカノススメ公開インタビュー第3回は、岡山で多くのひとに親しまれるイベント「満月BAR」に関わりの深いお三方をお呼びしました。立ち上げメンバーの日野宗一郎さん、満月BARの元キャストであり一般社団法人「ぷらっと西川」の事務局として満月BARをサポートするおおもりみささん、2019年から満月BARの代表を務める吉川慧さんです。 川と緑豊かな木々があり、マチナカながら自然が感じられる西川緑道公園。この場所で月に一度行われる満月BARは「岡山と西川の夜の賑わい創出」をコンセプ

      • 岡山に芸事が学べる土壌を。蓮昌寺生まれの女優が語る「エンターテイメント×マチナカ」の可能性

        マチナカノススメ公開インタビュー第2回目の“取材対象者”は、株式会社テラエンタテイメント代表取締役の八木景子さん。女優・演出家という経歴を持ちながら、マチナカにある『仏住山 蓮昌寺(れんじょうじ)』で生まれ育ったお方。 そして「ひとを育てることがまちづくりに繋がると考え、さまざまな文化が生まれるまちづくりに貢献したい」という思いから、寺子屋のような学び舎「テラ エンタテイメントアカデミー」や、貸しスタジオ「テラスクエア」を運営されています。 寺生まれ、寺育ち、女優。そんな珍

        • 岡⼭しろうちPUBLIC Meeting✕マチナカノススメ公開インタビューvol.4

          マチナカを楽しんで活動している人たちに「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビューしながらフカボリする、 月に一度の夜のトークイベント。 今回は特別企画として、城下町(しろうち)エリアを考える「岡⼭しろうちPUBLIC Meeting」と共同開催で、マチナカの⽔辺をフカボリするトークイベントを開催します! まちを潤す⽔辺活⽤とは? ⽔辺活⽤の第⼀⼈者であるミズベリングの岩本唯史さんにここでしかできない、岡⼭らしい⽔辺のあり⽅を伺います。 日時:2023年9⽉30⽇

        マチナカノススメ公開インタビュー vol.5 テーマは「岡山は文学のまちなの? 」

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • マチナカノススメ
          マチナカノススメ 愉しみつくる岡山の暮らしかた
        • 岡山音度感
          マチナカノススメ 愉しみつくる岡山の暮らしかた

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ひとをよくする「食」は地域魅力化のエース。まちの酒屋さんと不動産屋さんが語る「マチナカの飲食、最前線! 」

          「マチナカノススメ」は、歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。まちを愛し、面白くしている人々に岡山のマチナカで起こっているコトを伺い、みんなが知っているようで知らないハレまちな日常をお伝えしています。 今年こそ、ウェブ上の文章だけでなく、マチナカの人にもっとハレマチな日常の愉しみを知ってもらいたい。そして関わり合うきっかけをつくりたい、ていうか会いたい! そこで、普段わたしたちが行っているインタビューに“立ち会って”いただき、交流して

          ひとをよくする「食」は地域魅力化のエース。まちの酒屋さんと不動産屋さんが語る「マチナカの飲食、最前線! 」

          マチナカノススメ公開インタビュー vol.3 テーマは「満月BARを盛り上げる若者たちのまちへの思い」

          マチナカを楽しんで活動している人たちに「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビューしながらフカボリする、 月に一度の夜のトークイベントを開催します! 日時:2023年8月18日(金) 19:00〜21:00(受付:18:30〜) 会場:西川緑道公園野殿橋デッキステージ    岡山市北区本町9−13 ※雨天時の会場は、「TERRA SQUARE (テラ・スクエア) 2階ホール」に変更になります。  (岡山市北区田町1丁目2−4) 参加申込:参加ご希望の方はこちら。

          マチナカノススメ公開インタビュー vol.3 テーマは「満月BARを盛り上げる若者たちのまちへの思い」

          マチナカノススメ公開インタビュー vol.2 テーマは「ハレまち通りの愉しみかた 」

          「マチナカノススメ」は2020年からスタートした、歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。 個性豊かなマチナカの魅力をまちを愛する人たちへのインタビュー等を通じて発信しています。 今年度は、マチナカを楽しんで活動している人たちに「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビューしながらフカボリする、 月に一度の夜のトークイベントを開催します! 日時:2023年7月21日(金) 19:00〜22:00(受付:18:30〜) 会場:TER

          マチナカノススメ公開インタビュー vol.2 テーマは「ハレまち通りの愉しみかた 」

          マチナカノススメ 公開インタビュー、はじめます!vol.1は「マチナカの飲食、最前線! 」

          岡山のマチナカを楽しんで活動している人たちに、「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビューしながらフカボリする、月に一度の夜のトークイベントを開催します! 「マチナカノススメ」は2020年からスタートした、歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。 個性豊かなマチナカの魅力をまちを愛する人たちへのインタビュー等を通じて発信しています。 今年度は、マチナカを楽しんで活動している人たちに「ハレまちな日常の過ごし方」を公開形式でインタビ

          マチナカノススメ 公開インタビュー、はじめます!vol.1は「マチナカの飲食、最前線! 」

          KAMPでターンテーブルを回すドーナツ小町は中学校教員。DJ先生が語るマチナカと教育現場と子どものコト【奉還町】

          「岡山の公立中学校の先生がKAMP(奉還町のゲストハウス)でDJやってるよ。DJネームはドーナツ小町!」とKAMP北島さんに教えてもらったのはこのインタビューのとき。しかもマチナカ学区の中学校に勤務中のセンセイとのこと。 教師といえば、一般的に公明正大で真面目な聖職者というイメージがあります。子どもたちが社会に出るのを助け、創造的に考えるように促し、一生続く学びを導く尊いお仕事です。 音楽とダンスが大好きで、マチナカでのびのびDJプレイしている先生が、マチナカへ飛び出して

          KAMPでターンテーブルを回すドーナツ小町は中学校教員。DJ先生が語るマチナカと教育現場と子どものコト【奉還町】

          自分の「好き」を仕事にできるマチナカ。スコーンと紅茶のお店・森のみちくさ誕生秘話【出石町】

          2023年3月、岡山のマチナカに、スコーンと紅茶のお店がオープンしました。お店の名前は「森のみちくさ」。出石町の一角、住宅を改装した店舗で、店主ひとりで営んでいます。 実は、3年前から「みちくさスコーン」という屋号で、店舗を持たずにイベントやマルシェに出店していて、クチコミで次第に評判が広がり、いまでは予約をしないと買えないほど人気のお店に。そんなみちくさスコーンのファン待望のマチナカ出店を喜んでいるファンは多いはず。 出石町は、城下町として発展し、岡山城や後楽園の観光ル

          自分の「好き」を仕事にできるマチナカ。スコーンと紅茶のお店・森のみちくさ誕生秘話【出石町】

          マチナカを飲み歩きイベントで盛りあげる「和酒Bar Iwatsuki」オーナー岩月さんは岡山の食文化を守りたい【磨屋町】

          岡山は4年ぶりに「岡山さくらカーニバル」が開催されるなど、マチナカに楽しいムードが漂っています。夜も出歩きやすいちょうど良い気候もあり、夜のマチナカも賑わっています。 通人に評判の日本酒バー「和酒Bar Iwatsuki」のオーナー・岩月崇浩さんは、コロナ禍でもっとも多大な影響を受けた業種のひとつである飲食店経営者であり、岡山市中心部で食べ飲み歩きを楽しむイベント「ハレノミーノ」や、県内の酒蔵と岡山市中心部の飲食店がペアを組みはしご酒ができるイベント「ちどりあし」の主催者で

          マチナカを飲み歩きイベントで盛りあげる「和酒Bar Iwatsuki」オーナー岩月さんは岡山の食文化を守りたい【磨屋町】

          お城と川のあるまちで暮らすことはマチナカ暮らしの特権。再整備が進む城下エリアで「ENNOVA OKAYAMA」がイベントを企画する意味とは「城下・岡山後楽園」

          岡山市のマチナカにある観光名所といえば、岡山城と隣接する岡山後楽園。2022年11月には1年5ヶ月の改修工事を経て岡山城がリニューアルオープンしました。岡山後楽園内の桜が色づきはじめ、四季折々を感じられるこの場所がますます楽しみです。 岡山城や岡山後楽園を中心とした城下エリアは、13の文化施設が集まることから「カルチャーゾーン」としても知られています。 このエリアはいま、旭川の河畔に位置する「石山公園」や岡山城の城郭内にある「旧・内山下小学校跡地」をはじめ「岡山市民会館」

          お城と川のあるまちで暮らすことはマチナカ暮らしの特権。再整備が進む城下エリアで「ENNOVA OKAYAMA」がイベントを企画する意味とは「城下・岡山後楽園」

          世界中のまちで暮らした夫婦がずっと住みたいと思う岡山の「使いこなしかた」とは?「京橋・表町・旭川」

          アメリカのポートランド出身のプリチャード ケイレブさんと麻美さん。ふたりの暮らしぶりは「ここはどこ?ポートランド?」と目を疑うほど、岡山のまちがとても魅力的にみえます。 岡山へ移住して12年目のプリチャードさんたちは間違いなく誰よりも岡山を楽しんでいると声を大にして言いたい。夫婦は「ふつうに暮らしてるだけだよ〜」「岡山がいいところなんだよ〜」と笑って言いますが、その暮らしかたは岡山のポテンシャルを最大限引き出すマインドや工夫が盛りだくさん。私たちが​​何気ない日常のなかで見

          世界中のまちで暮らした夫婦がずっと住みたいと思う岡山の「使いこなしかた」とは?「京橋・表町・旭川」

          西川の八百屋さんと考える、岡山のマチナカが誇る“繁華街”ってどんなまち?「西川エリア」

          大阪市の「天神橋筋商店街」、横浜市の「横浜中華街」、札幌市の「すすきの」、広島の「薬研堀」など、地域の繁華街には愛称があり、観光客はもちろん、地元住民も「あそこに行けば旨いものが食べられるまち」と親しまれています。 JR岡山駅と岡山城の間には多くの飲食店が軒を連ねています。特に桃太郎大通りから西川緑道公園を南へ向かうと繁華街らしい賑やかさがあり、「岡山の繁華街はどこ?」と尋ねられたら、わたしは先ずこのあたりを案内する気がします。 そんな西川エリアに生まれ育ち、このまちで代々

          西川の八百屋さんと考える、岡山のマチナカが誇る“繁華街”ってどんなまち?「西川エリア」

          岡山の生活者を潤す雑貨店「アクシス」のマネージャーがほがらかに住まう「出石町」での暮らし方

          新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、私たちの生活様式が変わって早3年が過ぎようとしています。特に政府が緊急事態宣言を発令した2020年の4月からの2ヶ月間は、生活の維持に必要な場合をのぞいて、外出の自粛などは鮮烈な記憶が未だに残っているひとも多いでしょう。 かつてない、暮らしの制限が解除になったとき、私が最初に行きたいと思ったところは岡山市北区田中にある「axcis nalf(アクシスナーフ)」(以下アクシスナーフ)「axcis CLASSIC(アクシスクラシック)」(

          岡山の生活者を潤す雑貨店「アクシス」のマネージャーがほがらかに住まう「出石町」での暮らし方

          ぼくらはゆるくつながるくらいがちょうどいい。ほしい公園の未来を考える「下石井公園デザインミーティング」

          岡山市民のオアシス、下石井公園が今年度、天然芝生化に着手するのをご存知ですか? このグラウンドが全面芝生になったら、きっと気持ちが良いに違いありません。また新たな賑わいが生まれそうです。 公園が芝生になると、まちにどんなことが起こるの? 生まれ変わる下石井公園は、どんな場になるのがいいんだろう? 岡山のまちとひとにフィットする公園とは? そんな、公園の未来を考えるため「下石井公園デザインミーティング」がこの夏行われました。子どもからお年寄りまで、岡山市民総勢約70名が集

          ぼくらはゆるくつながるくらいがちょうどいい。ほしい公園の未来を考える「下石井公園デザインミーティング」