【下石井公園】芝生化した広場で繰り広げられるそれぞれのマイプレイス!
見出し画像

【下石井公園】芝生化した広場で繰り広げられるそれぞれのマイプレイス!

 岡山市では11月2日(火)から12月19日(日)までの48日間で、まちの中心に位置する下石井公園の芝生化社会実験を行いました。(社会実験の概要はこちらの記事をご覧ください)また、この社会実験の一環として12月4日(土)からは4つのタイプの『ピクニックワゴン』の貸し出しを開始しました。下石井公園内で自由に利用していただき、公園内をより楽しんでいただければ!との思いです。そして、今回どのような憩いの空間の創出ができたのでしょうか?『芝生化』プラス『ワゴン』がもたらした、下石井公園でおきたことをお伝えします。

ワゴンがやって来た!

画像1

 12月3日に5台のかわいいワゴンがやってきました。「マイプレイスを楽しもう」の文字が。また、それぞれのワゴンには『PLAY』『RELAX』『LIVING』『DINING』をテーマに下石井公園へ訪れた方に自由に楽しんでもらいたいアイテムを揃えました。

まずはアイテムのご紹介!

画像2
「PLAY」ワゴンの中には遊べるおもちゃ!モルックやパラリンピック種目となったボッチャが!そして折りたたみチェア。
画像3
「RELAX」ワゴンの中には、ゆっくりくつろげるセット!エアソファー、ござ、クッション、ブランケット。
画像4
「LIVING」ワゴンはピクニックにぴったり。ワゴンに天板を置くとテーブルへ変身!折りたたみチェアとセットです。
画像5
「DINING」ワゴンには、手作りの折りたたみ式ちゃぶ台、クッション、ござとブランケット。お茶の間な雰囲気があります。

これらを確認していると「何をしてるの?」と、近所の幼稚園へ通うこどもたちがやってきました!

画像6
興味津々なこどもたち。「おにごっこをしよう。」と、誘われます。

「ごめんね。お仕事中だよ。」と、エアソファーを作ろうと、職員が走り出すと結局おにごっこが始まりました。

画像7
元気なこどもたちに、追い掛け回され職員はくたくた、、、
画像8
エアソファーですっかり王様です!
画像9
「ねぇねぇ、かわってよ。」お願いしても、なかなかかわってくれないことがわかると、引っ張り始め「船だよ!見てみて!」と、新しい遊びが。
「LIVING」ワゴンを使って昼食の準備をしていると、「このパン屋さん知っているよ。美味しいよね。でもマスクしないと入れないから、いつも外で待っているの。」と、教えてくれました。

 ワゴンの貸し出しをするための事前準備と確認の予定が、こども達の声から空気が変わり、保護者へ芝生化やワゴンの社会実験についてお伝えし、ワゴンの利用を促してみると、「借りていいんですか?」と、驚きながら利用してくれました。また、芝生でお弁当を食べに来ていた高校生にも「よかったら使ってみて!」とワゴンを差し出すと、ちゃぶだいでお弁当を食べ始めてくれました。

利用して下さる方がなかったら寂しいな…との不安もありましたが、少しずつでも輪が広がっていくに違いないと思えました。

ワゴンを貸し出しをするということは

 当然ですが、ワゴンの貸し出しをするということは、毎日ワゴンと看板を『出す』『片づける』の作業があります。勝手に転がってくることはなく、そこには誰かの手が必要となります。偶然なのか、人工芝の設置と同時期に、下石井公園内に障がい者の就労支援施設『アート&ジョブセンター』がオープンしました。また、そこには障がい者の就労を支援するカフェ『こもれび』のオープンが決まっていたので、「ワゴンをカフェの営業に合わせて出し入れをしてもらえませんか?」と、お願いしたところ、こころ良いお返事をいただくことができました。

画像10
カフェ「こもれび」では、丁寧に入れられた美味しいコーヒーとフレッシュジュースがありますよ。季節限定のも果物を使ったジュースもあります。果物王国の岡山!これから楽しみです。

それぞれのマイプレイス!

 ピクニックワゴンの貸し出しと並行して、下石井公園の滞留調査とアンケートを実施しました。
 調査をしていると、ワゴンを見ている人や看板を眺めている姿をみかけます。そういった方に、人工芝設置の社会実験とピクニックワゴンのお話をすることで様々な方とお会いすることが出来ました。

画像11
エアソファーは子どもたちに大人気!

 午前中は、歩き始めのお子さんのお散歩、午後からは幼稚園から帰って来たお子さんとママ友たちに図書館帰りの方、夕方には小学生、中学生、高校生、犬のお散歩。お天気のいい平日にはグラウンドゴルフなどそれぞれの楽しみ方。そして、土日にはさすがまちの中の公園です。たくさんの方に利用されにぎわいが生まれていました。

画像12
ワゴンの使い方は自由!!こどもを乗せた散歩などいろいろな楽しみ方がありました。

 土曜日には近くの小学校の学童保育が遊びに来てくれました。指導員さんは「公園へ行こうと声をかけても、こどもたちしぶしぶだったのに!」と走り回るこどもたちを見て笑います。また、ピクニックワゴンと芝生を見て「明るくていいですよね。土もいいかと思うけれど、今日は転んだ子もいたくなかったみたいで良かったです。」と教えてくれました。

画像13
画像14
いつもしぶしぶだったらしい?こどもたちが生き生きと走り回っていました。

ある日は女子高生が何やら二人でダンスをしています。そして、頻繁にスマホをチェックしています。『TikTok』の撮影だそうです。「芝生の緑色がかわいい!」と教えてくれました。

画像15
緑色がTikTokに映えるとは!楽しそうに撮影されていました。

それぞれのマイプレイスが生まれていました!

画像16
平日はゆったり利用される方が多くみられました。
画像17
土日は賑わっていました。

さよならなんていわないよ!

 そして、とうとう最終日。「もうなくなるのですか?」「アイテムだけじゃなくて芝もなくなるの?」「次はいつ始まりますか?」「さみしいです。」「またしてください。」「みんな楽しまれていたよ。」たくさんの声を直接、聞かせていただきました。でも、12月19日が最終日。

画像18
最後のワゴンが返ってきました。ちょっと寂しい気持ちになりました。
画像19
5台のワゴンが揃いました。この絵も今日で終わりです。

 48日間の芝生化、16日間のワゴンの貸し出しの社会実験は無事終了となりました。
 この48日間の間に「ジャズのミニコンサート」「クリスマスリースづくりワークショップ」を実施することもできました。すべてを記すと日常だけでも盛沢山で今回は残せませんが、楽しんでくださった皆様の姿を目にでき良かったです。アンケートのご協力、人工芝とワゴンをかわいがってくださった皆様ありがとうございました!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
マチナカノススメ 愉しみつくる岡山の暮らしかた
歩いて楽しいまち、岡山市中心市街地の地域情報を発信するローカルメディアです。岡山市中心部(まちなか)の個性豊かなスモールエリアの魅力を、まちを愛する人たちへのインタビュー等を通じて発信します。